So-net無料ブログ作成
検索選択

ホウオウボククチバの駆除と異常発生の原因は?那覇市で大量発生!

現在、沖縄那覇市にて「ホウオウボククチバ」という
ガの幼虫が異常発生し街の住民たちはかなり迷惑しているとのこと。

そもそも、こんな名前のガなんて聞いたことないです…
(私の勉強不足なだけですが…)

那覇市にこれほどまで大量に発生した原因は何なのでしょうか。
また、適切な駆除の方法にも迫っていきます。




スポンサードリンク







~ホウオウボククチバの駆除方法は?~



ホウオウボククチバ自体には毒性が無く
特別人間に危害を加えるような生物ではありません。

その代わり気持ち悪さはかなりあります。
何としてでも駆除していきたいところですよね。

とは言ってもやはり駆除は地道な作業になりそうです。
木をゆすって落とし、そのままホウキで集めて可燃ごみへ….

といった流れですね。

しかしこれ…やり方アナログすぎでは…?
確かにその通りですね。

何か効率的な駆除方法はあるのでしょうか。

お勧めできるものとすれば
「ゼンターリ」「エスマルクDF」という農薬ですね。
かなりの種類の害虫に対して適用となっており
とても高い効果が発揮されると思われます。

以下にその商品を紹介しておきます↓


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼンターリ顆粒水和剤 100g
価格:1166円(税込、送料別) (2016/11/20時点)









スポンサードリンク







~ホウオウボククチバって何?異常発生の原因は?~



今回騒がれているホウオウボククチバは
那覇市泉崎の道路沿いに植えられている
ホウオウボクという木の葉も食い散らかしているようです。

この木はマメ科ジャケツイバラ亜科の落葉高木で
主に熱帯地域で植林されています。

日本ではやはり沖縄県によくみられるそうです。

ホウオウボククチバ自体も熱帯地域に分布しているようで
沖縄を始め、石垣島台湾などにも生息しています。

今回の異常発生の原因について専門家は
詳しい原因はまだ不明といっております。

しかし、比較的気候が安定しているところに発生するとのこと。

ここで考えられるのは、これらを退治する野鳥の減少です。
特にスズメの生存数が近年減少傾向にあるといいます。

このことと異常発生が関係しているのならば
沖縄の環境に問題があるということですね。

都市化が進み、野鳥が住める環境がなくなってしまったのでしょうか。
(しかしこれはあくまで予想です)

そういえば、今から6年ほど前に
私が住む田舎町でマイマイガというガが大量発生しました。

どうやらこのガは10年周期で大量発生するらしいのですが
これもやはり正確な原因は不明のままのようです。

考えられるのは先ほども言ったように
天敵などの減少ではないでしょうか。


皆さんもガの幼虫を見かけたら気を付けてくださいね。

以上、「ホウオウボククチバの駆除と異常発生の原因は?那覇市で大量発生!」でした。




スポンサードリンク



コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。